本と眼鏡

nlpの勉強を行なうなら協会についても知る|最先端の心理学を学ぶ

夢を叶えるために

男性

基本的な道のり

言語聴覚士とは音声や聴覚に障害のある人をサポートすることがその仕事です。では言語聴覚士になるためには一体どのような道のりを歩むことになるのでしょうか。一般的にはまず大学や専門学校で3年以上の勉強を行います。その後国家試験を受け合格すれば言語聴覚士になることが出来ます。資格取得後は医療機関などで非常勤として働きはじめ、徐々に実績を積みながら常勤へと移っていくのが一般的です。また言語聴覚士と一言で言っても発音を専門とする場合や聴覚を専門とする場合など様々です。出来る限り学校に入学する前にどのような働き方をしたいのかを明確にしておくことが望ましいです。学校に在学中にその分野に力を注ぐことで希望する職場にも就きやすくなります。

オススメの進路

言語聴覚士になるためには勉強が非常に重要となります。そのため勉強をするための学校選びも大切になってきます。まず、言語聴覚士になるための勉強は基本的に大学か専門学校で行います。言語聴覚士は仕事の領域が非常に幅広いため、専門分野が決まっていない場合やじっくりと勉強をしたい場合には大学への進学がオススメです。もし専門分野は既に明確でありすぐにでも資格を取得したい場合には専門学校への進学が望ましいでしょう。また大学、専門学校いずれの場合でも資格を得るためには国家試験に合格する必要があります。国家試験の難易度は非常に高く、合格率は50%前後です。学校を選ぶ際は国家試験の合格率なども参考にすると良いでしょう。