本と眼鏡

nlpの勉強を行なうなら協会についても知る|最先端の心理学を学ぶ

専門職学位の活かし方

スーツの人

経営学修士取得の目的

MBAとは、経営学修士という学位の略称で、企業経営や企業会計などの実務家を養成する専門職大学院を修了すると、当該学位を授与されます。通常の修士学位のように論文作成ではなく、授業の履修及び知識習得に重点を置くもので、研究指導はありません。日本においては、教職大学院や法科大学院と並んで経営大学院が設置されています。医師免許などの資格と異なり、MBAという学位を持っていなくても、仕事ができないわけではありません。しかし、その学位取得に向けて勉強した内容やその過程で修得したスキルや知識を有していることは、大きな強みとなります。専門職学位の目的は、大学院で学んだことをビジネスの実践に活かすことにあります。

経営学修士課程の特徴

MBAを取得させるための教育課程は、実践的スキルや知識の習得させることに主眼をおいて編成されています。一般の修士課程は、次の段階である博士課程への進学につながるよう研究に重点が置かれています。一方のMBA課程においては、ビジネスに関する専門家を教員として採用する、実務家教員を置いています。豊富な経験を有する実務家教員と研究能力を有する教員を組み合わせて、理論と実践を往還させたカリキュラムを構築しています。これにより、経営の専門家としてのスキルを身につけさせることが目的です。また、授業の形態も、学部時代の座学ではなく、討論や発表など双方向性な内容に重点を置いています。インタラクティブなやりとりにより、より実践的なビジネススキルを身につけることができます。